エントランスホール
自然採光による明るく開放的な空間で、飛行の夢をメルヘンチックに表現する木製の動くメカニカルモニュメントや大空に輝く雲を表現したモビールで施設コンセプトを造形的に演出しています。エントランス奥の開口部を望むと航空展示のシンボルであるミス・ビードル号の復元機が見えます。
The Entrance is an open and bright space, with natural illumination.
The concept of the museum is manifestly displayed here, with a movable wooden monument representing the dream of flight in a fairytale style, and a mobile of white shining clouds in the sky.
Visible from the inner opening of the Entrance is a symbol of the aviation display, a working
replica of the 'Miss Veedol'.
飛べ!ACT-G号
「青い森の住人達が大空へ向かって飛び立つために"行動(Action=ACT)"を起こした。住人達の協力と熱意でACT−G号は完成し、いま"重力(Gravity=G)"から解き放たれ、これから世界中の空の旅に出る。」 
八戸市在住の木工からくり作家・高橋みのる氏が製作した、ギア、チェーンなどすべての部品が木でできたメカニカルなモニュメントです。

高橋みのるさんのホームページはこちら

The ACT-G is a flying machine shaped like the double helix of the DNA molecule. Made by Takahashi Minoru, a woodcraftsman living in the city of Hachinohe, this mechanical monument is made entirely from wood from its gears right down to its chains.
雲のオブジェ
太陽の光を浴びて輝き、さままな顔をみせる雲。そんな雲の表情をイメージした造形です。エントランスロビーに浮かび、窓から降り注ぐ日差しや照明を反射して美しく輝きます。
Clouds present us with ever-changing faces and shine with the light of the sun. This fixture hangs in the entrance lobby, sparkling brilliantly in the light that pours in through the windows.
前ページに戻る インデックス