備長炭で電池を作ろう!
「電池」といえば、乾電池を想像することが多いですね。でも、身近にある材料を使って、自分で電池を作ることができます。今回は、備長炭を使った電池を紹介します。実際に作ってみて、なぜ電気が起こるか考えてみましょう。
用意するもの
備長炭
少量
キッチンペーパー
少量
アルミ箔
少量
食塩水
少量
モーター、または電子オルゴール
1個
作りかた
1
備長炭を、食塩水をしみ込ませたキッチンペーパーで巻きます。
その上にアルミホイルを巻きます。
(備長炭とアルミホイルが接触しないように注意する)
2
備長炭とアルミホイルに、それぞれモーター(あるいは電子オルゴール)の端子を接続します。
3
両端子を接続すると、モーターが回ります。(電子オルゴールの場合は、音楽が鳴ります)

※端子を接続してしばらく放電させた後、アルミ箔をひろげてみると、ところどころに穴が開いているのがわかります。

出展
「ガリレオ工房の身近な道具で大実験 第2集」
前ページに戻る インデックス