ベンハムのコマ
「ベンハムのコマ」は白黒の模様なのに回すとカラーに見える不思議なコマです。その理由ははっきりとわかっていませんが、目の錯覚で色が見えると言われています。人によって見え方が違うので自分にしか見えない色も見ることができます。また、光の種類やあたり方によっても色が違って見えることがあります。
用意するもの
厚紙(板目紙や牛乳パックなど)
数枚
つまようじ
数本
黒マジックペン
1本
はさみ
1丁
セロハンテープ
千枚通し
1本
作りかた
1
厚紙に円を描き、円の中にコマの模様を黒ペンで書きます。
2
円にそって、はさみで切り取ります。
3
切り取った円の中心に千枚通しで穴をあけて、つまようじを刺し、セロハンテープで固定します。
やってみよう
平らな場所でつくったコマをまわしてみよう。黒と白だけだった模様の中にほかの色が見えるかな?
参考
自分でいろんな模様のコマを作ってまわしてみよう。

この「ベンハムのコマ」は、航空科学館の科学実験工房で実演しています。インストラクターと一緒につくってみよう!

前ページに戻る インデックス