F-104
 F-104は、昭和38年(1963年)から航空自衛隊で使用され た戦闘機で210機が生産され、日本全国七つの飛行隊で防空任務 に使用されていましたが昭和61年(1986年)3月に現役を引 退しました。
 昭和41年(1966年)11月3日、入間基地での航空ページ ェントで東京~大阪間(直線距離395Km)を10分21秒(約時速 2,290Km)で飛行したとの記録が残っています。
この展示機は航空自衛隊から借受したものです。

The F-104 fighter began to be used by the Japan Air Self DefenseForce in 1963. A total of 210 aircraft ware produced and used for seven JASDF fighter squadrons nationwide to conduct national air defense until March 1986 when the fighter was decommissioned. At the air show held on Iruma Air Base in Japan on 3 November 1966, thr fighter marked a record of having flown Tokyou to Osaka(395Km as the crow flies)in 10 minutes and 21 seconds(at about 2,290Km/h).
This display aircraft has been borrowed from the JASDF.

F-104 諸元・性能
 全  幅  6.68 m
 全  長  17.75 m
 全  高  4.12 m
 最大重量  11,930 Kg
 乗  員  1名
 エンジン  J79-IHI-11A(7,167Kg)×1
 最大速度  マッハ2
 上昇限度  18,000 m
 航続距離  2,920 Km
 装  備  M-61A 20mmバルカン砲×1
AIM-9 空対空ミサイル×2~4発
F-104
コックピット
F-104 cockpit