T-2
 T-2は日本で開発された2番目の練習機で、航空自衛隊の戦闘機 パイロットを養成する最終段階で使用する事と、当初から支援戦闘 機としても使用することを計画していたため、優れた超音速高等練 習機として完成しました。
 昭和46年(1971年)に初号機が初飛行、昭和51年 (1976年)から平成13年(2001年)まで主として教育訓 練に使用されました。
この展示機は、航空自衛隊より借受したものです。

The T-2 plane was developed in Japan as the second trainer. It was completed as a supersonic advance trainer of good quality since it was planned from the beginning to be used as a support fighter as well as being used at the final stage of training fighter pilots of the Japan Air Self Defense Force. The aircraft made its maiden fight in 1971 and was mainly used for this display aircraft has been borrowed from the JASDF.
T-2 諸元・性能
 全  幅  7.88 m
 全  長  17.85 m
 全  高  4.39 m
 全備重量  9,800 Kg
 乗  員  2名
 エンジン  TF40-IHI-801A(3,200Kg)×2
 最大速度  マッハ 1.6
 上昇限度  15,000 m
 航続距離  2,500 Km
 装  備  M-61A-1 20mmバルカン砲×1
 AIM-9 空対空ミサイル×2~4発