F-1
 初の国産戦闘機であるF-1は、T-2高等練習機を発展させた支援戦 闘機で、生産ライン上のT-2の6,7号機が原型FS-T2改へと改造され 昭和50年(1975年)初飛行、F-1量産型は昭和52年 (1977年)から計77機が生産されました。
 昭和53年(1978年)から三沢基地の第3飛行隊を皮切りに3 個飛行隊に配備されましたが現在は交代が進んでいます。
この展示飛行機は、航空自衛隊より借受したものです。

The F-1 plane, the first domestically produced fighter was the support fighter developed from the T-2 Advance trainer. The 6th and 7th built ones of the T-2 production model were converted to the FS-T2-Kai, the prototype jets. They made their maiden flight in 1975. The production model of the F-1 began to be built in 1977 and total of 77 aircraft were built.
The fighters were assigned to three different squadrons including the 3rd Squadron of the Japan Air Self Defence Force on Misawa Base in 1978 for a starter. Now the fighters are in the process of being replaced.
this display aircraft has been borrowed from the JASDF.

F-1 諸元・性能
 全  幅  7.88 m
 全  長  17.85 m
 全  高  4.50 m
 全備重量  9,800 Kg
 乗  員  1名
 エンジン  TF40-IHI-801A(3,200Kg)×2
 最大速度  マッハ 1.6
 上昇限度  15,000 m
 航続距離  2,500 Km
 装  備  M-61A-1 20mmバルカン砲×1
 AIM-9 空対空ミサイル×2~4発
 ASM-1 空対艦ミサイル×2発
 その他爆弾等
F-1 コックピット
F-1 cockpit