T-3
 T-3は、日本で開発した3番目の練習機で、航空自衛隊のパイロ ットの卵が最初に訓練を受ける初等練習機です。初代の初等練習機 T-34メンターの代替機としてパワーアップされた国産機で、昭和 49年(1974年)から50機が使用されていましたが:現在は よりパワーアップされたターボプロップ機T-7に更新中です。
この展示機は、航空自衛隊より借受したものです。

The T-3 plane was developed in Japane as the thirdtrainer and is the trainer used first for Japane Air Self Defense Force pilots in the making.
The domestically produced aircraft was the upgraded model and replacement of the T-34 Menter, which was the first-generation trainer used at the entry level. A total of 50 aircraft have been used since 1974 and now they are in the process of being replaced with the T-7 turboprop plane, which is further upgraded.
This display aircraft has been borrowed from the JASDF.



T-3 諸元・性能
 全  幅  10.00 m
 全  長  7.94 m
 全  高  9.92 m
 全備重量  1,510 Kg
 乗  員  2名
 エンジン  IGSO-480-AIF6 340HP×1
 最大速度  360 Km/h
 後続距離  960 Km
T-3 コックピット
T-3 cockpit