T-33
 T-33は世界の空軍がプロペラからジェットへの転換期に登場した 傑作練習機で1948年以降アメリカだけでも5,600機以上が生産さ れました。
航空自衛隊では昭和30年(1955年)から供与を受けた68機 と引き続きライセンス生産された210機で、ジェットパイロット の養成や全国各地の飛行隊の連絡用務飛行など多用途に使用されて いましたが平成11年(1999年)に引退しました。
この展示機は、米空軍より借受したものです。
The T-33 was a masterpiece of trainers that appeared at the turning point of the world's airforces switching their aircraft from propeller-driven to jet-powered.
More than 5,600 aircraft were prosuced in the U.S.only since 1948. The Japane Air Self Defense Force was offered 68 aircraft and then had 210 aircraft prosuced under lisence.They were used for various purposes including training jet pilots and flights for liaison work for JASDF squadrons nationwide until 1999 when the aircraft was decommissioned.
This display aircraft has been borrowed from the U.S.Air Force.

T-33 諸元・性能
 全  幅  11.85 m
 全  長  11.48 m
 全  高  3.56 m
 全備重量  7,000 Kg
 乗  員  2名
 エンジン  J33-A-35(2,087Kg)×1
 最大速度  820 Km/h(マッハ0.8)
 上昇限度  15,000 m
 後続距離  2,000 Km
 装  備  12.7mm機関砲×2~4(搭載可能)