OH-6
 OH-6は、陸上自衛隊が観測用ヘリコプターとして採用し、 1969年(昭和44年)からOH-6J を117機、改良型 OH-6Dを 193機の合計310機を使用した傑作ヘリコプターです。卵型をした 合理的な機体設計により徹底した小型、計量化が計られ、民間型 モデル「ヒューズ500」もベストセラーとなり、40年経った 現在でもボーイングMD500/530系として生産されています。
 ここに展示されているヒューズ(マクダネル・ダグラス/ボー イング)OH-6D型は、初期のJ型からエンジンを強化(317馬力 から420馬力)、メインローターを4枚から5枚に、尾部安定板 をV型からT型に変更するなどの改良を施した機体です。
この展示機は、陸上自衛隊から借受したものです。
The OH-6 was adopted by the Japane Ground Self- Defense as an observation hlicopter.It is a masterpiece and since 1969, the JGSDF has used 117 OH-6Js and 193 OH-6Ds as an upgraded version.a total of 310 OH-6 series.
The egg-shaped body design is reasonable and has achieved a thorough reduction in size and weight.The Hughes 500 for a commercial model was a best-seller and after 40 years,the Boeing MD500/530 series have still been produced based upon the commercial model.
This Hughes(McDonnell Douglas/Boeing)OH-6D includes several upgrades from the early OH-6J such as an enhanced engine(from317 to 420 horsepower),increased main rotor blades from four to five,and a changed tail from V-shape to T-shape.
The JGSDF has offered this aircraft for display.

OH-6 諸元・性能
 全  幅  8.05 m(スキッド幅2.06m)
 全 長  9.30 m(胴7.23m)
 全  高  2.73 m
 ローター直径  8.05 m(5枚)
 最大全備重量  1,361 Kg
 乗  員  1(P)+3名
 エンジン  250-C20B(375shp)×1
 最大速度  282 Km/h
ОH-6 コックピット
OH-6 cockpit