LR-1
 この機体は、三菱重工が1963年(昭和38年)に開発した初 の国産双発ターボプロップビジネス機MU-2の陸上自衛隊向け連絡偵 察機です。
 この陸上自衛隊仕様は、社内名称MU-2C,陸上自衛隊名称LR-1と 呼ばれ1号機は1967年(昭和42年)7月に納入、以後1984 年(昭和59年)までに計20機が採用されました。
LR-1は、陸上自衛隊の地上作戦やヘリボーン作戦に際し、戦場偵察 等の任務もあることから実践に即した外観迷彩塗装等凄みのあるス タイルをしています。
この展示機は、陸上自衛隊より借受したものです。
This helicopter is a Japan Ground Self-Defense Force liaison and reconnaissance version of the MU-2,the first domestic twin turboprop business aircraft developed in 1963 by Mitsubishi Heavy Industies,Ltd
This JGSDF model is called the MU-2C by the manufacturer and the LR-1 by the JGSDF.
The first product was provided to the battlefield at times of ground poerations and heliborne its appearance.camouflage,painting,etc.are adapted accordingly.which makes this aircraft lookoverwheliming.
The JGSDF has offered this aircraft for display.

LR-1 諸元・性能
 全  幅  11.95 m
 全  長  10.13 m
 全  高  3.94 m
 最大全備重量  4,750 Kg
 乗  員  2(P)+5名
 エンジン  TPE331-6A-252M(715shp)×2
 最大速度  539 Km/h
LR-1 コックピット
F-1 cockpit