F-4EJ改戦闘機は、昭和46年(1971年)から航空自衛隊で使用さ れてきたF-4EJ戦闘機の改修型で、レーダーやアビオニクスの能力を 向上させた機体です。三沢基地に配備されたのは、平成9年3月から で、第3航空団第8飛行隊で支援戦闘機として使用されていました。
この戦闘機は、対地/対艦攻撃能力にも優れており、ベースとなっ ているF-4型戦闘機は、世界12カ国で採用されました。
この展示機は、航空自衛隊より借受したものです。

F-4EJ Kai(Modified')is an upgraded fighter jet of F-4EJ which was introduced info the Japan Air Self defense Force in 1971. F-4EJ Kai equipped advanced radar and avionics systems. F-4EJ Kai was assigned to Misawa Air Base in March 1997 and used by the 3rd Air Wing and 8th Fighter Squadron as their supporting jet. F-4EJ Kai surpasses F-4(the original fighter)in ground and anti-ship attack capabilities. F-4 was used in 12 countries through out the world.
This display aircraft has been borrowed from the JASDF.

   
諸元・性能
 全  幅  Widht  11.71m
 全  長  Lengght  19.20m
 全  高  Height  4.98m
 最大重量  Weight  28,030Kg
 乗  員  Crew  2名
 エンジン  Engine  J79-GE-17(8,120Kg)×2
 最大速度  Max Speed  マッハ2.2
 上昇限度  Ceiling  17,700m
 航続距離  Range  3,180Km
 装  備  Armament  M-61A1      20mmバルカン砲   20mmVulcan Cannon
 AIM-9L/AAM-3  空対空ミサイル    Air-to-Air Missile
 AIM-7F     空対空ミサイル    Air-to-Air Missile
 ASM-1/-2     艦対ミサイル     Anti-ship Missile
 500LBS/340 Kg  爆弾         Explosive Bomb